Jcoresの画面

タイトル画面

Jcoresのタイトル画面です。ゲーム全体で使用されている背景画像のデザインコンセプトは「自然」をテーマに作成しています。また、キャラクタのデザインに関しても、なじみ易さを考慮したものとなっています。

機能選択画面

どの機能領域(「注意」、「作業記憶」、「処理速度」、「言語性記憶」、「流暢性」、「遂行機能」と総合を含む)のゲームを選択するかの機能選択画面です。

ゲームタイトル画面

ゲームタイトル画面では、選択したゲームに応じて「難易度」や「ジャンル」の選択が行えます。また、「マニュアル設定」がある場合は、設問の数なども変更できるようになっています。

注意

注意力や注意の維持に特化したゲームを用意しています。ここでは、「ピックアップ」、「比べよう」、「素早く反応」、「見つけよう」の4つのゲームを用意されています。


ピックアップ


見つけよう

作業記憶

課題の遂行に必要な情報を必要とされる期間の間だけ一時的に記憶して作業を行い課題終了時に消失する機能のトレーニングのためのゲームを用意しています。ここでは、「貯金箱」、「神経衰弱」、「並べ替え」、「読んで覚えて」の4つのゲームを用意しています。


貯金箱


並べ替え

言語性記憶

視覚および聴覚からの言語表現される情報(単語,数,文章など)を記憶する機能のトレーニングのためのゲームを用意しています。ここでは、「言葉の記憶」、「音声の記憶」、「イラストの記憶」、「日常の記憶」の4つのゲームを用意しています。


言葉の記憶


日常の記憶

処理速度

視覚、聴覚から得た情報から、瞬時に反応/判断する機能のトレーニングのためのゲームを用意しています。ここでは、「落下ボール」、「モグラたたき」、「旗揚げ」、「タイピング」の4つのゲームを用意しています。


落下ボール


モグラたたき

遂行機能

ある目的の達成に向けて,1つまたは複数ある行動を効果的に,組織的に,統合的に実行する機能のトレーニングのためのゲームを用意しています。ここでは、「つなげよう」、「迷路に挑戦」、「概念の切り替え」、「駐車場脱出ゲーム」の4つのゲームを用意しています。


迷路に挑戦


概念の切り替え

流暢性

長期記憶にある言語情報の中から特定の情報を適切に、素早く,多く想起する機能のトレーニングのためのゲームを用意しています。ここでは、「しりとり」、「山手線ゲーム」、「言葉探し」の3つのゲームを用意しています。

しりとり


言葉探し

総合

社会生活の身近な場面では、複数の認知機能を複合的に扱う必要があります。総合では、複数の認知機能を複合的に扱ったゲームを用意しています。ここでは、「さくさくお買い物」、「さくさくお仕事」の2つのゲームを用意しています。


さくさくお買い物

 

→Jcoresとは   →企画立案と開発機関  →Jcoresの特徴